新築一戸建てを購入する際の頭金支払いの注意点

新築一戸建てを購入する際の頭金支払いの注意点

新築一戸建てを購入する際の頭金支払いの注意点 新築一戸建てを購入する際、頭金をいくら支払うかという問題は重要です。
頭金支払いは多ければ多いほど良いと考えている人がいますが、実は頭金を払いすぎてしまって後悔をしてしまう人もいます。
例えば、新築一戸建てを購入する際、頭金として1000万円を入れたとします。
住宅ローンの金利は1.0%だったとします。
それから半年もしないうちに、親が死亡してお葬式の費用として200万円がかかってしまいました。
手持ちのお金が足りなかったので、150万円を金利14%の銀行カードローンで借りました。
もしも手持ちの資金として150万円くらいを残していれば、金利14%の銀行カードローンを利用する必要はなかったので、後悔してしまう例となります。
基本的には、頭金は多く入れたほうが良いですが、住宅ローンの金利はとても低いので、手持ちの資金としていくらかは残しておくべきです。
また、投資などをして大きく資産を増やせる人なども、たくさん残しておくほど得をするかもしれません。

新築一戸建て購入の際に確認しておくこととは

新築一戸建て購入の際に確認しておくこととは 新築一戸建ての購入の前に確認しておくべき箇所については、ここ数年のうちに多くの消費者から関心が寄せられています。
近頃は、居住環境にこだわりのある物件に魅力を感じている人が急増しており、大手の住宅メーカーのスタッフとよく相談をすることで、有意義に物件選びに取り掛かることがおすすめです。
また、新築一戸建ての長所を理解するためには、ある程度のテクニックが要求されることがありますが、隙間時間を使いながら、間取りの広さや築年数などに着目をすることが有効です。
一般的に、需要の高い新築一戸建ての購入方法を理解するためには、数カ月以上の期間が必要となることがあるため、お目当ての業者のスタッフと継続的にコンタクトを取ることが肝心です。
その他、新築一戸建ての契約の内容を理解するうえで、複数の実績のある業者のスタッフからアドバイスを受けることで、忙しい生活を送っている人であっても、満足のゆく行動をとることができます。

新着情報

◎2017/8/8

新築一戸建てのポイント
の情報を更新しました。

◎2017/6/29

頭金支払いの注意点
の情報を更新しました。

「一戸建て 頭金」
に関連するツイート
Twitter